あなたのプログラミング学習方法、間違っていますよ。
Top > 強化プログラム > コース紹介 > Windowsプログラミング入門

プログラミングをはじめる前に学ぶ講座「Windowsプログラミング入門」 C#/VB

これからはじめる方、初心者の方、Visual Studioのデザイナー学習したい方を対象に、プログラミングの工程を実践体験して頂きます。実技中心のカリキュラムで、Windows FormのGUIデザイン、コーディング、デバッグの方法、考え方を徹底的に身に付けます。

プログラミング言語の知識は不要です。Visual Studioをプログラムを作るためのアプリケーションと考えてプログラム作りを楽しむことができます。題材はパズルゲームとなっていますので、遊びながらプログラミングを体験して頂けます。

実習テキスト

立ち見版 .NET C#立ち見:クラスの考え方と作り方を「使い方から学ぶ」テキスト  NET VB 立ち見:クラスの考え方と作り方を「使い方から学ぶ」テキスト

カリキュラムの内容

  • Visual Studioインストール
  • Visual Studioによるデザイナーの使い方を習得
  • コーディング方法を習得
  • コンパイル方法を習得
  • デバッグ方法を習得

テキストは、Visual Studio 2008 professional版ですが、他のバージョンでも学習可能です。他に類を見ない詳細な図解入りです。また、テキストに準拠しt動画(C#版のみ)を用意していますので、戸惑うことはありません。

この講座を通して「柔軟性」を身に付けて下さい、そして、分からない事はまず自力で調べて考える事が重要です。解決できなければ、講義の際に質問して解決するか、メールにて質問して下さい。

受講条件

Windowsの基本操作、一般的なWindowsアプリケーション操作経験がある方。なお、これを切っ掛けにWindowsの基本操作から学習して頂いてもかまいませんがサポート対象外ですので、あらかじめご了承下さい。

プログラミング言語入門コースを学んでから本講座を受講する方法もお奨めです。

先に進めない…

もし「学習を先に進めることができない」という方は、プログラミングに向いていない可能性があります。その際は至急ご相談下さい。

申し込み・問い合わせ

受講のお申し込み、お問い合わせはこちらのお問い合わせページよりお願いします。
申し込みの際、内容欄に「コースタイトル」を記述して下さい。

補足事項

C#、VBの各言語別のコースになります。カリキュラム内容は同じです。

C#版は、実習テキストに準拠した動画を用意していますので、詳細な使い方について簡単に習得することができます。なお、GUIデザインなどは共通ですので、VBでも利用可能です。パズルゲームによる演習で、GDI+(グラフィック)描画、マウス操作についても楽しく体験していただけます。 

実習テキストは、Visual Studio 2008 Professional版で解説しています。無償版のExpress版と比較すると一部ツール設定方法に違いがあります。Visual Studio 2010/2012など多少違いがありますので、不安な場合はVisual Studio 2008で学習して下さい。 

▲ページトップに戻る