DGVPad(DataGridView)

せんぱい。DataGridViewを体系的に教えて く だ さ い ね♡

―検索機能、フィルター機能は存在しない―

DataGridViewには単純な列ソート機能ぐらいまでで、複数列のソートやフィルター(絞り込み)機能はないんだ。

でも安心していいよ。萌美ちゃん、下の図を見てくれる。

「はい」

BindingSourceオブジェクトにその機能があるんだ。つまり、DataTableオブジェクトをマルチソートしたりフィルターした結果をDataGridViewに表示するように仲介してくれるんだ。

だから、データベース以外のデータソースもDataTableオブジェクトにセットすれば高度な機能が簡単なプログラムで実行できるんだ。すごく便利だよ。

DataGridViewとDataSourceの関係図

「知りませんでした。本当にすごいですね。
データの操作はDataTableで行い、ソートやフィルターはBindingSourceで行うってことでいいんですか?」

よくわかったね。その通りだよ。

DataGridViewは、データの表示、編集、追加、削除などのオペレーションを行うコントロール。データはDataTableで管理すればいいんだ。そうすることで、データはDataTableで共有することができるようになる。

萌美ちゃん、僕は昔DataGridViewのデータを使い回ししていたことがあったんだ。でも、すごく違和感があってデータを操作するためにコントロールを使うのは違うだろうって。データベースを勉強してその違和感がきれいになくなったんだ。

これは別のソフトなんだけど

BindingSourceのソート、フィルタープロパティをリセットすると元に戻るんだ。フィルターは、SQL文の知識が必要だから、データベースの学習が必要だけどね。

だから、DataGridViewを学習した後、ADO.NET(データベース)を勉強すればいいよ。

 

inserted by FC2 system