Arp

 アドレス解決プロトコル (ARP) で使われる IP とイーサネットまたはトークン リングとの物理アドレス変換テーブルを表示、および修正します。このコマンドは TCP/IP プロトコルがインストールされている場合のみ有効です。

arp -a [inet_addr] [-N [if_addr]]
arp -d inet_addr [if_addr]
arp -s inet_addr ether_addr [if_addr]

パラメータ

-a

TCP/IP にクエリを行い、現在の ARP エントリを表示します。IPアドレスを指定すると、指定したコンピュータの IP および物理アドレスのみを表示します。

-g

-a と同じ。

inet_addr

IP アドレスをドット区切り 10 進表記で指定します。

-N

if_addr で指定したネットワーク インターフェイスの ARP エントリを表示します。

if_addr

アドレス変換テーブルを修正しなければならないインターフェイスの IP アドレスがあれば、指定します。ない場合は、最初の適切なインターフェイスが使用されます。

-d

inet_addr で指定したエントリが削除されます。

-s

ARP キャッシュにエントリを追加し、IP アドレス (inet_addr ) を物理アドレス (ether_addr) に関連付けます。物理アドレスは、ハイフンで区切った 6 個の 16 進バイトとして入力します。IP アドレスは、ドット区切り 10 進表記で指定されます。このエントリは永続的です。つまり、タイムアウトの時間が終了した後でも、キャッシュから自動的に削除されることはありません。

ether_addr

物理アドレスを指定します。

▲ページトップに戻る