Nbtstat

 この診断コマンドはプロトコルの統計情報と、NBT (TCP/IP 上の NetBIOS) を使う現在の TCP/IP 接続を表示します。このコマンドは TCP/IP プロトコルがインストールされている場合のみ有効です。

nbtstat [-a remotename] [-A IP address] [-c] [-n] [-R] [-r] [-S] [-s] [interval]

パラメータ

-a remotename

指定したリモート名を使ってリモート コンピュータの名前テーブルの一覧を表示します。

-A IP address

指定した IP アドレスを使って、リモート コンピュータの名前テーブルの一覧を表示します。

-c

各名前の IP アドレスを提供する NetBIOS 名キャッシュの内容を一覧表示します。

-n

ローカル NetBIOS 名の一覧を表示します。"Registered" は、ブロードキャスト (Bnode) または WINS (別のノード型) によりその名前は登録されていることを表します。

-R

NetBIOS 名キャッシュからすべての名前を取り除いた後で、Lmhosts ファイルを再読み取りします。

-r

Windows ネットワークの名前解決統計情報の一覧を表示します。WINS を使用するように構成された Windows 2000 コンピュータでは、このオプションは、ブロードキャストまたは WINS を介して解決した名前および登録した名前の数を返します。

-S

IP アドレスのみによるリモート コンピュータを一覧表示して、クライアントおよびサーバー セッションの両方を表示します。

-s

クライアントおよびサーバー セッションの両方を表示します。リモート コンピュータの IP アドレスを Hosts ファイルを使って名前に変換しようとします。

interval

指定した interval 秒間隔で、選択した統計情報を再表示します。統計情報の再表示を停止するには、Ctrl + C キーを押します。このパラメータが省略されると、nbtstat は、現在の構成情報を一度だけ印刷します。

▲ページトップに戻る