あなたのプログラミング学習方法、間違っていますよ。
Top > お問い合わせ & ポリシー

お問い合わせ・資料請求

プログラミングに関する相談、疑問など、メールまたはSkypeでお気軽にお問い合わせ下さい。
こちらの問い合わせフォームもご利用委下さい。

不安を解消したい方へ、お気軽にご相談下さい。無料で対応させて頂きます。

メール:service@itnetsc.net
Skype:ITNETSC
連絡先:050-3136-5455 IT@NET塾(アイティー ネット じゅく)

IT@NET塾ポリシー

プログラムという「結果」を出すためのプログラミング独習

結果の出せない「知識・技術・方法」は何の意味も持ちません。いや、中途半端な知識はかえってよくない結果を招くととさえあります。

「プログラムを作る」→「小さな結果の積み重ね」

すべてを学ぼうと思ったら終わりはありません。あなたは、目的実現に必要な事に絞り込んで学習すればいいのです。つまり、今不要なことは後回しにする。あるいは必要になるまで無視していいのです。言語仕様もそうです。実践プログラミングでも、言語基礎で8割~9割のプログラムコードを書くことができます。その上でプログラマーとしてマスターすべきことを学べばいいのです。

言語仕様は自力で学ぶ事はできますが、プログラム作りに必要な本当のノウハウ(要求の理解(演習問題を含む)、論理的な組み立て、プログラム構造、シーケンス、ライブラリの使い方、実用的なコーディング術、といったこと)は、努力と経験と規範(普段から意識し考えて行動する)が必要です。当塾では、これらのノウハウをあなたのレベルに合わせて指導します。 

躓きは当たり前、躓かないのは自分にウソをついている

ちょっと哲学的な表現になりますが、
物事には全て「必要とされる理由と意味」があり、そのための背景が存在します。もし背景が変化すればその存在理由もなくなるかもしれません。

もし、あなたが何かに躓いていたら、その要因を見つけることができれば、一瞬で理解することも可能なのです。まさに「目からウロコ」の状態です。そして「躓きは恥ずかしいことではなく当然のこと」なのです。だから、中途半端に「わかったつもり」がもっとも危険な状態です。

ちょっとでも疑問に感じたら、まず自分に問いかけてみましょう。何が分からないのか? どうして分からないのか?と。この自問指導を整理して、分からない本質を探しましょう。どうしても分からなければ、相談して下さい。

私の性分は生涯変わらない

私はプログラミングを行っていると、様々なケースで「目的は?」「何のため?」「どうすればできる?」といった素朴な疑問にぶつかります。

書籍やWebサイトといった情報を活用しても、人に尋ねても、目先のことばかり。

なかなか本質が見えてきません。目的や存在理由(意義)が分からなくても学ぶ事は可能ですが、どうもしっくりとこないのです。

これは性分なのでどうしようもありません。

UXデザイン、システム設計、プログラム実装(プログラム作り)、構造化プログラミング、オブジェクト思考といった概念から、言語仕様、専門用語、コンピュータとハードウェア周辺といった核心的なことまで悩むことに尽きません。

あなたは、今まさに「私と同じ状態」ではありませんか?

その瞬間の喜び

意味、目的、理由、機能、背景、変遷、方法といったことが分かったとき、モヤモヤがスッと腹に落ちる清々しい気持ちが経験できるでしょう。この喜びは一瞬ですが、これがあるから止められないんです。
私は、あなたが躓いている原因、あなた自身でも気がつかない原因をについて、様々な方法で見つけ「この喜びを感じてもらえる切欠になりたい」という気持ちでいっぱいです。

ソフトウェアは、人が考えたものです。データやプログラム内部の振る舞いを直接見ることはできません。これまでも価値観や考え方は通用しない世界です。無理に覚えようとしても、理解しようとしても、頭が拒否をするのです。否定するのです。どうすれば自然に受け入れる事ができるのか、そのためにはどうすればいいのか、これまで培ってきたノウハウをあなたのレベルに合わせてお伝えします。

▲ページトップに戻る