Top > メッセージ > できるを身につけ学習を作業化する

できるを身につけ学習を作業化する

プログラミングの「できる」を身に付け、学習を作業化する

IT@NET塾は、様々なプログラマーの日常を観察して、学習方法、概念理解、技術習得、テスト方法といった具体的に身に付けなければならない方法、概念(思考)、行動について解説していきます。

キーワードは「雑食」「できる方法」「概念と実装」です。

習得・向上・上達へのポイント

  1. 結果から方法(手段)を見つける
  2. どんな方法・手段があるのかを調べる
  3. 様々なテクニックや概念を見つける
  4. 実践で基礎・思考・知識を学ぶ
  5. システムや実装のデザイン方法を学ぶ
  6. テストを楽にするための方法を見つける

これらを理解することで、「自力によるゼロからはじめるプログラミング学習」よりもかなり短縮できます。でも、もっと短期間に効率良く習得したい、長所を磨き欠点を改善したい、何が問題なのか具体的に指摘&指導をして欲しい、自分に当てはめた場合の具体的な方法が知りたい、・・・などがありましたら丸山塾の入塾をおすすめします。

丸山塾のサポートは、新たな言語、技術、思考を効率良く習得するスタイルを提案(サポート)します。

まず、できる方法を身に付け、全体のイメージ化、そして概念や理論を学ぶという方法です。そのために必要な知識、技術や柔軟な思考を実践の場で具体的に学ぶ方法を伝授していければと考えています。プログラミングがはじめての方には、はじめる前に学ぶ(できる方法)ことプログラミング言語の基礎を学ぶ教材があります。オブジェクト指向・コントロール作り・グラフィック入門ADO.NETデータベースプログラミング実習教材。また、eメール・Skype、PowerPointによる個別セミナーなど様々な方法でサポートします。

▲ページトップに戻る