ダウンロード | Top | 基本 | データ表示 | 外観 | 振る舞い | CellStyle | 操作全般 | プロパティ | エラー | プログラム

 

INDEX

DataGridViewの設定は、データを表示しながら調整するのが一番です。

列がテキストボックスで数値が含まれるデータをソートする場合、並び順が変わることに気をつけましょう。表示上は全て文字ですが、セルにデータをセットする際の型にによってソート結果が異なるからです。これは、上記のどの方法にも共通します。

本ソフトには、CSVファイルやXMLファイルのサンプルファイルを添付しているので参考にしてください。

 

 

空データで指定した列数×行数の領域を作成


「□データ生成」をオフにして「生成」ボタンをクリック

 

 

簡易データ(数字連番)によるテーブル(列×行)を表示

「□データ生成」をオンにして「生成」ボタンをクリック。指定値からはじまる連番から、指定した型で、指定した「列数×行数」でテーブルを作成します。

 

 

CSVデータファイルの読み込み

Encodingの指定と先頭行の列名指定を行って、CSVファイルを選択します。

 

日本語に対応するEncodingの種類

"日本語 シフトJIS", 932, "shift_jis"
"日本語 EUC", 51932, "euc-jp"
"日本語 JIS", 50220, "iso-2022-jp"
"日本語 JIS(1バイトカタカナ可)(CP50221)", 50221, "csISO2022JP"
"日本語 JIS(1バイトカタカナ可 - SO/SI)(CP50222)", 50222, ""
"日本語 (Mac)", 10001, "x-mac-japanese"
"IBM EBCDIC (日本語カタカナ)", 20290, "IBM290"
"日本語 (JIS 0208-1990 および 0212-1990)", 20932, ""
"US-ASCII", 20127, "us-ascii"
"UTF-7", 65000, "utf-7"
"UTF-8", 65001, "utf-8"
"Unicode", 1200, "utf-16"
"Unicode (ビッグ エンディアン)", 1201, "unicodeFFFE"
"UTF32", 12000, "utf-32"

 

 

XMLデータファイルの読み込み

XML Schema File (.xsd)にもサポートしています。XMLファイルと同じフォルダで同じファイル名であれば自動的に読み込みます。

 

 

マルチ列のサンプル(標準コントロール)

 

 

 

SQL Server データベース バインディング

SQL Serverのデータベースに対応

接続文字列とSelect文を入力して「DBバインド」ボタンをクリック。

SQLServerへNorthwindサンプルを追加してDataGridViewへ表示するまでの手順

  1. Northwindサンプルのダウンロード
    http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=23654
     
  2. Northwindサンプルのインストール
    SQL2000SampleDb.msiを実行
     
  3. Northwindのアタッチ
    Microsoft SQL Server Management Studioよりデータベースへアタッチする
    C:\SQL Server 2000 Sample Databases\NORTHWND.MDF

    ※アクセス権限でエラーが発生した場合、
    C:\SQL Server 2000 Sample Databases\フォルダのセキュリティ権限にUserの「変更や書き込み」を有効にする必要がある。
     
  4. DGVPadよりデータベースを表示
    接続文字列例:Data Source=<SQLサーバー名>;Initial Catalog=Northwind;Integrated Security=True
    Select文例:SELECT * FROM Employees




戻る次へ

IT@NET塾「セミナーと通信教育を統合したプログラミングスクール」