Top > .NET Visual C#言語入門 > クラス内の記述構成内容
プログラム構造 列挙型(enum) コンストラクタ・デストラクタ
スケルトン 配列 メソッド
クラス内の記述構成 構造体 プロパティ
HalloWorld 修飾子 静的クラスと静的メンバ
コマンドライン引数 プリプロセッサ ディレクティブ フィールド
コメント 例外と例外処理 演算子のオーバーロード
ステートメント(文) 可変個引数リスト(params) イベント(割り込み)
式(演算子) 名前空間 デリゲート
変数とデータ型 クラスとオブジェクト インデクサ
型変換(キャスト) クラス(class) デリゲート&イベント発生と受信サンプル
定数(Const/Readonly) 部分クラス定義  
文字列(string) 継承  

クラス内の記述構成内容

using System;

namespace ProgrammingCS
{
    public class TemplateClass
    {
        #region  クラスの実装
        // クラスの実装

        #region  クラス内変数
        // クラス内のグローバル変数の宣言・定義
        // クラス内で使用されるデータ構造も含まれる(public宣言は行わない。
        // 外部から変更する必要がある場合はプロパティで実装する)
        #endregion

        #region  コンストラクタ・デストラクタ
        // コンストラクタ・デストラクタを実装
        #endregion

        #region  公開メンバ(プロパティ・メソッド)
        // 外部との窓口になる
        #endregion

        #region  内部(非公開)メンバ(プロパティ・メソッド)
        // 非公開のメンバを記述する
        #endregion

        #endregion
    }
}

▲ページトップに戻る

【本を読んでもよくらからない】 … 個別指導でわかりやすくお教えします