レガシー Windows API(概要)について

ここで紹介しているAPIは、Windows95、Windows NT3.5時代のAPI群であり、最新のAPIは含まれていないことに注しして欲しい。なお、当時の解説書は現在よりもより詳細に解説しているため、参考になるはずである。

  • レイアウトを変換する際、崩れているページがあります。
  • 概要およびSampleコードはありますが、APIの解説はありません。

ご要望があれば旧版のWin32 API(HELP形式)をお譲りします。問い合わせフォームより申し込みください。

1 2 3 4 5 6

Windows API 座標空間および座標変換

座標空間および座標変換の概要

 Microsoft(R) Windows(TM) 用に作成されているアプリケーションは、 グラフィック出力に対するスケーリング (拡大縮小)、 回転、 平行移動、 傾斜、 (上下、 左右の) 反転 (線対称移動) などを行うために、 座標空間および座標変換を利用しています。たとえば、 デスクトップ パブリッシング (DTP) アプリケーションでは、 ページの一部を拡大したり、 ウィンドウ内でのページ調整を表示したりするのに、 座標空間および座標変換を利用しています。CADアプリケーションでは、 対象物の回転や表示の拡大縮小、 透視図の作成などで、 また、 表計算アプリケーションでは、 グラフの移動や拡大縮小などの部分で、 それぞれ使われています。

座標空間および座標変換の関数

 次に示す各図は、 描画アプリケーションで作成した一連のオブジェクトです。最初の図はオリジナルのオブジェクトであり、 後の5つの図は、 オリジナルの図にさまざまな変換を適用した結果を示すものです。(注意:この機能であるAPIはWindowsNT、2000以降でサポートされている。したがって、Wondows95,98,Meでは実行できない)

 

元の表示

拡大表示
平行移動表示

回転表示
傾斜表示

反転表示

1 2 3 4 5 6

 

▲ページトップに戻る

【本を読んでもよくらからない】 … 個別指導でわかりやすくお教えします