レガシー Windows API(概要)について

ここで紹介しているAPIは、Windows95、Windows NT3.5時代のAPI群であり、最新のAPIは含まれていないことに注しして欲しい。なお、当時の解説書は現在よりもより詳細に解説しているため、参考になるはずである。

  • レイアウトを変換する際、崩れているページがあります。
  • 概要およびSampleコードはありますが、APIの解説はありません。

ご要望があれば旧版のWin32 API(HELP形式)をお譲りします。問い合わせフォームより申し込みください。

Windows API リモート アクセス サービスの概要

リモート アクセス サービス (RAS) によって、 1つあるいは複数のサーバーにアクセスすることで、 リモート ユーザーはコンピュータ ネットワークに直接接続しているように動作します。

この概要で述べるリモート アクセス サービスの機能によってプログラムを制御して、 リモート アクセス接続を確立したり、 終了したりできます。

リモート アクセス サービスの使用

リモート アクセスDLLのリンク

リモート アクセス サービスの定義

リモート アクセス サービス関数

リモート アクセス サービス構造体

リモート アクセス サービス メッセージ

リモート アクセス サービス列挙型

リモート アクセス サービスの使用

次のトピックでは、 アプリケーションでのリモート アクセス サービス機能の使い方について説明します。

リモート アクセスDLLのリンク

リモート アクセスがインストールされていない場合に、 アプリケーションが静的にRASAPI32 DLLをリンクしていれば、 ロードに失敗します。RASがインストールされていない場合、 RASアプリケーションはDLLをロードするのにLoadLibraryを使い、 RAS関数へのポインタを取得するのにGetProcAddressを使うことができます。

リモート アクセス サービスの定義

次に示す関数、 構造体、 および列挙型によってリモート アクセス サービス機能を実装できます。

リモート アクセス サービス関数

リモート アクセス サービス機能を実装するには、 次の関数を使います。

RasDial

RasDialFunc

RasDialFunc1

RasEnumConnections

RasEnumEntries

RasGetConnectStatus

RasGetErrorString

RasGetProjectionInfo

RasHangUp

リモート アクセス サービス構造体

リモート アクセス サービス機能を実装するには、 次の構造体を使います。

RASAMB

RASCONN

RASCONNSTATUS

RASDIALEXTENSIONS

RASDIALPARAMS

RASENTRYNAME

RASPPPIP

RASPPPIPX

RASPPPNBF

リモート アクセス サービス メッセージ

リモート アクセス サービス機能を実装するには、 次のメッセージを使います。

WM_RASDIALEVENT

リモート アクセス サービス列挙型

リモート アクセス サービス機能を実装するには、 次の列挙型を使います。

RASCONNSTATE

RASPROJECTION

▲ページトップに戻る

【本を読んでもよくらからない】 … 個別指導でわかりやすくお教えします
inserted by FC2 system