はじめました。SmallBasic塾-分からないことはメールで。学習状況はノートで。結果はプログラムで。そして、チャットでつながる。待ち合った学習方法で、間違ったプログラミングスタイルにならないために

Top > Small Basic > Shapes(図形)

小学生・中学生からはじめられる
Small Basic
テキストベースの初心者向けプログラミング言語

Shapes(図形)

Shape オブジェクトで Graphics window に図形を追加、移動、回転することができます

 

オペレーション(Operations)
メソッド 構文 内容
AddRectangle Shapes.AddRectangle(width, height) 指定された横幅と高さで四角形を追加
width 四角形の横幅
height 四角形の高さ
Returns Graphics Window に追加された四角形
AddEllipse Shapes.AddEllipse(width, height) 指定された横幅と高さで楕円を追加
width 楕円の横幅
height 楕円の高さ
Returns Graphics Window に追加された楕円
AddTriangle Shapes.AddTriangle(x1, y1, x2, y2, x3, y3) 指定された点に代表された三角形を追加
x1 最初の点の X 座標
y1 最初の点の Y 座標
x2 2 番目の点の X 座標
y2 2 番目の点の Y 座標
x3 3 番目の点の X 座標
y3 3 番目の点の Y 座標
Returns Graphics Window に追加された三角形
AddLine Shapes.AddLine(x1, y1, x2, y2) 指定された点と点の間に線を追加
x1 最初の点の X 座標
y1 最初の点の Y 座標
x2 2 番目の点の X 座標
y2 2 番目の点の Y 座標
Returns Graphics Window に追加された線
AddImage Shapes.AddImage(imageName) イメージを図形として追加(図形は、移動、動画化、回転ができる)
imageName 描画対象のイメージの名前
Returns Graphics Window に追加されたイメージ
AddText Shapes.AddText(text) テキストを、移動、動画化、または回転できる図形として追加
text 追加するテキスト
Returns Graphics Window に追加された、図形化されたテキスト
SetText Shapes.SetText(shapeName, text) 図形化されたテキストの文章を設定
shapeName 図形化されたテキストの名前
text 設定する新しいテキストの値
Returns Nothing
Remove Shapes.Remove(shapeName) Graphics Window から図形を削除
shapeName 削除する必要のある図形の名前
Returns Nothing
Move Shapes.Move(shapeName, x, y) 指定された名前の図形を新しい場所に移動
shapeName 移動する図形の名前
x 新しい場所の X 座標
y 新しい場所の Y 座標
Returns Nothing
Rotate Shapes.Rotate(shapeName, angle) 指定された名前の図形を指定された角度に回転する
shapeName 回転させる図形の名前
angle 回転させる図形の角度
Returns Nothing
Zoom Shapes.Zoom(shapeName, scaleX, scaleY) 指定されたズームレベルで図形を拡大縮小する(最小値は 0.1、で最大値は 20 )
shapeName 回転させる図形の名前
scaleX X 軸のズームレベル
scaleY Y 軸のズームレベル
Returns Nothing
Animate Shapes.Animate(shapeName, x, y, duration) 指定された名前の図形を指定された位置に移動
shapeName 移動させる図形の名前
x 新しい場所の X 座標
y 新しい場所の Y 座標
duration アニメーション時間(ミリ秒)
Returns Nothing
GetLeft Shapes.GetLeft(shapeName) 指定された図形の左の座標を取得
shapeName 図形の名前
Returns 図形の左座標
GetTop Shapes.GetTop(shapeName) 指定された図形の上座標を取得
shapeName 図形の名前
Returns 図形の上座標
GetOpacity Shapes.GetOpacity(shapeName) 図形の不透明度を取得
shapeName 図形の名前
Returns オブジェクトの不透明度を示す値(0~100、0は透明、100は不透明)
SetOpacity Shapes.SetOpacity(shapeName, level) 図形の不透明度を設定
shapeName 形の名前
level 不透明度を設定(0~100、0は透明、100は不透明)
Returns Nothing
HideShape Shapes.HideShape(shapeName) すでに追加された図形を隠す
shapeName 図形の名前
Returns Nothing
ShowShape Shapes.ShowShape(shapeName) 隠された図形を表示
shapeName 図形の名前
Returns Nothing
     

▲ページトップに戻る

【本を読んでもよくらからない】 … 個別指導でわかりやすくお教えします