Ftp

 FTP サーバー サービス (デーモンと呼ばれることもあります) を実行中のコンピュータとの間で、ファイルの転送を行います。ftp は対話型で使用できます。利用できる ftp サブコマンドについては、"関連項目" の一覧の "ftp コマンド" をクリックしてください。このコマンドは TCP/IP プロトコルがインストールされている場合のみ有効です。ftp はサービスで、起動すると ftp コマンドが使えるサブ環境を作成します。この環境から Windows 2000 コマンド プロンプトに戻るには、quit サブコマンドを入力します。ftp サブ環境が実行されていると、ftp コマンド プロンプトが表示されます。

ftp [-v] [-n] [-i] [-d] [-g] [-s: filename] [-a] [-w:windowsize] [computer]

パラメータ

-v

リモート サーバーの応答を表示しないようにします。

-n

初期接続時に自動ログインできないようにします。

-i

複数ファイルの転送の際に対話型プロンプトを行わないようにします。

-d

クライアントとサーバー間で渡されたすべての ftp コマンドを表示して、デバッグ機能を有効にします。

-g

ローカル ファイル名とパス名にワイルドカード文字 (* および ?) を使えるようにする、ファイル名の globbing を無効にします。 (オンライン コマンド リファレンスの glob コマンドを参照してください)。

-s:filename

ftp が起動すると、このコマンドが自動的に実行されます。このパラメータの途中に空白を入れることはできません。リダイレクション (><) の代わりに、このスイッチを使ってください。

-a

データ接続を結合するとき、ローカル インターフェイスを使います。

-w:windowsize

転送バッファのサイズを指定します。既定の転送バッファ サイズは、4096 です。

computer

接続先となるリモート コンピュータのコンピュータ名または IP アドレスを指定します。コンピュータを指定する場合は、行の最後のパラメータとして指定しなければなりません。

▲ページトップに戻る