Netstat

 プロトコルの統計情報と現在の TCP/IP ネットワーク接続を表示します。このコマンドは TCP/IP プロトコルがインストールされている場合のみ有効です。

netstat [-a] [-e] [-n] [-s] [-p protocol] [-r] [interval]

パラメータ

-a

すべての接続およびリッスン (listening) ポートを表示します。通常、サーバー接続を表示しません。

-e

イーサネットの統計情報を表示します。このパラメータは -s オプションと組み合わせられます。

-n

アドレスとポート番号を数値書式で (名前を検索しようとせずに) 表示します。

-s

プロトコルごとの統計情報を表示します。既定の設定では、TCP、UDP、ICMP、および IP に関する統計情報を表示します。-p オプションを使うと、既定のサブセットを指定できます。

-p protocol

指定した protocol の接続を表示します。protocol として、tcp または udp を指定できます。-s オプションとともに使って、プロトコルごとの統計情報を表示する場合は、protocol として tcp、udp、icmp、または ip を指定できます。

-r

ルーティング テーブルの内容を表示します。

interval

指定した interval で、選択した統計情報を再表示します。統計情報の再表示を停止するには、Ctrl + B キーを押します。このパラメータが省略されると、netstat は、現在の構成情報を一度だけ印刷します。

▲ページトップに戻る