はじめました。SmallBasic塾-分からないことはメールで。学習状況はノートで。結果はプログラムで。そして、チャットでつながる。待ち合った学習方法で、間違ったプログラミングスタイルにならないために

Top > Small Basic > Mouse(マウス)

小学生・中学生からはじめられる
Small Basic
テキストベースの初心者向けプログラミング言語

Mouse(マウス)

マウス クラスは、カーソルの位置やポインターなどのマウスに関係するプロパティを設定したり取得したりする機能を提供 

属性(Properties)
プロパティ 構文 内容
MouseX
Mouse.MouseX マウスカーソルの X 座標を取得または設定
MouseY
Mouse.MouseY マウスカーソルの Y 座標を取得または設定
IsLeftButtonDown
(取得専用)
Mouse.IsLeftButtonDown 左ボタンを押したかどうかを取得
IsRightButtonDown
(取得専用)
Mouse.IsRightButtonDown 右ボタンを押したかどうかを取得

 

オペレーション(Operations)
メソッド 構文 内容
HideCursor
Mouse.HideCursor() 画面からマウスカーソルを非表示
Returns Nothing
ShowCursor
Mouse.ShowCursor() 画面にマウスカーソルを表示
Returns Nothing
     
GraphicsWindow.MouseMove = OnMouse

GraphicsWindow.FontSize = 50
GraphicsWindow.BrushColor = "blue"
mouse1 = Shapes.AddText("")
GraphicsWindow.BrushColor = "red"
mouse2 = Shapes.AddText("")
Shapes.Move(mouse1, 100, 100)
Shapes.Move(mouse2, 100, 150)

OnMouse()

Sub OnMouse
Shapes.SetText(mouse1, "")
Shapes.SetText(mouse2, "")
DeskX = Mouse.MouseX 'デスクトップ X座標
DeskY = Mouse.MouseY 'デスクトップ Y座標
formX = GraphicsWindow.MouseX '画面X座標
formY = GraphicsWindow.MouseY '画面Y座標
Shapes.SetText(mouse1, DeskX + "-" + DeskY)
Shapes.SetText(mouse2, formX + "-" + formY)
EndSub

 

▲ページトップに戻る

【本を読んでもよくらからない】 … 個別指導でわかりやすくお教えします